2014年7月1日火曜日

「-게 」と「-도록」【26】


昨日から月曜日8時のクラスでは梨花女子大学のテキスト3-1を使うことになりました。

第1課で「-게」の用法が出てきました。何度も出て来た表現ですが、分かっているようで
曖昧な部分があったりしますね。

▶まずその用法を見てみましょう。

1)「-게」は앞에 말한 내용이 뒤의 내용의 목표나 기준이 됨을 나타낸다
                (前の節の話が、後ろの節の内容の目的や基準になることを表す)
      「'-을 수 있도록'의 뜻('~ができるように'の意味)」

①제가 책을 읽으면서 마시게 홍차 좀 타 주세요.

            
私が本を読みながら飲めるように、紅茶を入れてください。

②학생들이 잘 볼 수 있게 글씨를 크게 써 주세요.
                    
学生によく見えるように字を大きく書いてください。



2)「-도록」との違い

'-게' と'도록'は、ほぼ同じように使われる!

①학습 잡지hana의 항목을 쉽게  찾을 수 있도록 인덱스를 붙였어요.
                    (=찾을 수 있게)
学習雑誌hanaの項目が簡単に探せるようにインデクスを付けました。

②애들이 맘껏 뛰어놀 수 있도록 마당이 넓은 집으로 이사가고 싶어요.
                     (=뛰어놀 수 있게)
子供たちが思いっきり飛び回れるように庭が広い家に引っ越したいです。


▶どうしても違いを見つけたい方は、次のように考えてみましょう。

「-게」:目的や目標がよりはっきりしている場合

          갈비를 잘라서 먹게 가위 좀 갖다 주세요.
        (カルビを切って食べれるようにはさみを持ってきてもらえますか。)

    ⇒ここでは「カルビを切って食べるのが目的」

「-도록」:目的より、ある状態や程度になることに焦点が置かれている場合

         아이들도 먹을 수 있도록 부드럽게 조리해 주세요.
       (子供たちも食べれるように柔らかく調理してください。)

    ⇒ここでは「子供たちも食べやすいような状態に作るのが目的」

以上です。

※ニュアンスの違いはありますが、
「-게 」と「-도록」は「ほぼ同じように使うことができます」^^


▶今日も作文にチャレンジしてみましょう!

①仕事の途中で(=していて)休めるように休憩室があったらいいと思います。
(일하다/쉬다/휴게실/있다)


②どこが間違ったのかわかるように付箋をつけておいてください。
(어디/틀리다/알다/포스트잇/붙여 두다)






올해는 여름이 정말 빨리 찾아 왔네요. 여름 휴가 계획들 세우셨나요?
즐거운 여름을 생각하며 7월을 시작할 수 있었으면 좋겠습니다^^



私も行ってみたいな~  환상의 섬 산토리니





解答)


①仕事の途中で(=していて)休めるように休憩室があったらいいと思います。
→일하다가 쉴 수 있게/있도록 휴게실이 있었으면 좋겠어요.
 
 
②どこが間違ったのかわかるように付箋をつけておいてください。
→어디를 틀렸는지 알 수 있게 /있도록 포스트잇을 붙여 두세요.